融資を受けるための、自己資金とは?

融資を受けるための、自己資金とは?

自己資金のことをしっかりイメージできていますか?自己資金を間違って解釈していることにより、融資が通らない方がおります。

今回の記事を通じて是非正しい知識を身につけてください。

1.個人事業主の方の自己資金とは?

融資を受けるための、自己資金とは?

個人事業主の方の場合、自己資金とは、自分で少しずつ貯めたお金を指します。ご結婚されている場合には、配偶者の通帳のお金も自己資金として認めてもらえます。

誰かに一時的にお金を振り込んでもらい、そのお金を自己資金だ!と主張する方もいますが、基本的には、いきなり多額のお金が振り込まれても、それを自己資金と認めてもらうことはできません。

※ご両親からもらったお金も一応自己資金として認められますが、最も評価が高いのが、ご夫婦で貯めた自己資金、ついで、ご両親にもらったお金が評価されます。他人にもらったお金は、見せ金では?と見られてしまうため、自己資金とはなりません。

【自己資金として認められない事例】

融資を受けるための、自己資金とは?

融資を受ける1ヶ月前まで通帳には、ほとんど残金がありませんでした。 融資受ける直前にいきなりお金が100万円に増加しました。

この事例の場合、通帳に振り込んだ方の名前が書いてあれば、確実に自己資金として認められません。

誰かに現金100万円を手渡しで借りて、そのお金を通帳に入金した場合も、あきらかに不自然ですので、基本的には、自己資金として認められません。

【いきなり通帳に入金があった際に、自己資金として認められた事例】

今まで家の金庫で少しずつお金をためて、そのお金を一括で通帳にいれましたと伝えることでこのお金を自己資金として認めてくれるケースもあります。

認められるケースは、融資を申し込んだ方の前年、前々年の確定申告書または源泉徴収票をチェックされ、その方の年収で貯金することができると判断された場合には、自己資金として認められるケースもあります。

しかし、基本的にはいきなり通帳に入ってきたお金は自己資金として認めてもらないので、この方法はオススメではありません。

2.法人の自己資金とは?

融資を受けるための、自己資金とは?

法人の自己資金は、登記簿謄本に記載されている資本金が無条件に自己資金としてみとめられるとお考えの方も多いのですが、資本金=自己資金という考え方は間違っています。

【資本金が自己資金として認められないケース①】

法人を設立すると、履歴事項全部証明書に、資本金がいくらか記載されるため、その資本金が自己資金と考えている方がおります。

もちろん考え方は正しいのですが、その資本金が自己資金として認められないことがあります。

誰かに一時的にお金を借りて、資本金をつくり、すぐにそのお金を返してしまった場合には、通帳残高がゼロになってしまうでしょう。

日本政策金融公庫の融資では、必ず通帳を見られますので、資本金があるにも関わらず、通帳にお金がゼロの場合には、ただの見せ金と判断され、自己資金はゼロと判断されます。

(例)資本金100万円だが、自己資金ゼロのケース

一時的に友人に100万円を借りて、資本金を作り、会社設立と同時に、その100万円を返却している。この場合、通帳残高がゼロとなってしまうため、自己資金ゼロとみなされます。

【資本金が自己資金として認められないケース②】

会社の代表が100%出資し会社を設立している場合には、その出資したお金を代表が自分でためたのかをチェックされます。

もし、代表の通帳でお金を貯めていなかにも関わらず、いきなりお金が出てきた場合には、誰かに借りているのでは?と疑われ、自己資金として認められないことがあります。

3.自己資金に関するよくある質問

融資の面談の際に、通帳を持参するのですが、融資の面談までに事業計画で使う予定の費用を先に使ってしまうと、自己資金が少ない!と判断されてしまうのですか? というご質問がよくあるのですが、事業計画に記載されているものを購入し、請求書などをご持参頂ければ何も問題ありませんので、面談前にご利用頂いても問題ありません。

融資を受けるための、自己資金とは?

あくまで、計画しているものを融資面談前に購入した場合には問題ありませんが、事業計画書に記載していないものを思いつきで購入しても、そのお金は自己資金として認めてくれませんので、ご注意ください。

まとめ

自己資金は、あくまで、ご自身又は配偶者の方と一緒に少しずつ貯めたお金を指します。

基本的には、ズルいことを考えてもバレてしまうと考えておきましょう。 融資を受けたい方は、時間をかけて少しずつ貯金することをオススメ致します。

お知らせ

融資を受けるための、自己資金とは?