徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

起業を考えているけれど、お金がない。あるいはお金が足りないかもしれない。と起業に躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

資金調達の方法といえば「融資」が1番に浮かぶ方法だと思いますが、「融資」は返済しなければなりませんね。原則的に返済不要で資金調達ができる方法があるとすれば是非活用したいと思いませんか?実は返済不要でお金がもらえる「助成金」や「補助金」があるのです!

「助成金」や「補助金」とはどんなものか、どのように交付をうけるのかを徹底分析していきたいと思います。

1「助成金」と「補助金」の違いは?

一般的に「補助金」のほうが募集期間が短く、受給できる数に上限がある事が多く、「助成金」よりも獲得が難しいと言われています。融資とは異なり、どちらも原則的には返済不要です。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

2企業時に役立つ補助金・助成金

(1)創業補助金(創業・第二創業促進補助金)

起業を考えている起業家や、事業継承で新しい取り組みを検討している企業に対し、創業に関わる経費の一部を助成してくれる制度です。\この補助金の対象となる事業を行う際には、国が行っている補助事業と同じように「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律」の規定が適用されます。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

*注意事項*

申請するには、産業競争協力法における認定市区町村または認定連携創業支援事業者による特定支援事業を受ける必要があります。

より具体的な内容は「創業・第二創業促進補助金事務局」のホームページをご参照ください。

(2)トライアル雇用奨励金(厚生労働省)

事前にトライアル雇用求人をハローワークに提出し、ハローワークから紹介された人を原則3ヶ月間の有期雇用で雇い入れ、一定の条件を満たすと奨励金が支給されます。このトライアル雇用は、就業規則が法令に基づいていれば特に変更したり作成したりする必要もなく、雇い始めてから3ヶ月後に常用雇用に切り替えるだけで受給が可能です。数か月で需給できるので、従業員雇用の際には検討してみてください。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

*注意事項*

・トライアル雇用求人の選考中の人数が求人数の5倍を超える場合は、それ以降のトライアル雇用としての紹介はしてくれません。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて
  • 求人数を超えたトライアル雇用は出来ません。
  • トライアル雇用対象の選考は、書類ではなく面接で行うようにしてください。
  • トライアル雇用開始日から2週間以内にハローワークに実施契約書を提出が必要です。
  • 派遣求人をトライアル雇用求人とすることは出来ません。

(3)キャリアアップ助成金(厚生労働省)

非正規雇用(有期契約労働者、登録型派遣労働者、パートタイム労働者のいずれか1つ以上に当てはまる労働者のことです。)の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するために「正社員化」「人材育成」「処遇改善」の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。この「正社員化」「人材育成」「処遇改善」は従業員のモチベーションアップにも大きく繋がる項目です。従業員が“働きやすい環境”というのは、これからの企業の重要なポイントになると思います。

①対象事業主の条件

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

②この助成金の示す中小企業の範囲

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

③助成内容

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

(4)キャリア形成促進助成金(厚生労働省)

労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合や人材育成制度を導入し、労働者に適用した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度とあります。先に記載した「キャリアアップ助成金」と言葉は似ていますが、目的や方法が異なります。「キャリアアップ助成金」は“非正規雇用者に対するキャリアアップ促進のための助成金”という雇用安定が主となる助成金ですが、この「キャリア形成促進助成金」は“労働者のキャリア形成を促進するための助成金”ということで、職業訓練などを行った費用の助成金になります。それでは具体的な内容を見てみましょう。

①この助成金の示す中小企業の範囲

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

②助成対象となる訓練・助成額(助成率)

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

③制度導入コースの最低適用人数

制度導入コースの導入・適用計画届を提出する時に企業全体が雇用する被保険者に報じて最低適用人数以上の人数を適用する必要があります。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

*注意事項*

制度導入コースとそれ以外のコースでは「計画期間」と「支給申請期間」に異なる部分がありますので注意が必要です。徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

(5)雇用調整助成金(厚生労働省)

事業の縮小を考える事態に陥ってしまった時に、従業員の解雇も考えざるを得ない状況になることもあるかと思います(無いに越したことはないですが・・・)。そんな時に解雇ではなく、一時的に休業などの雇用調整によって雇用を維持した場合に受給することができる制度です。対象となる雇用調整は「休業」「教育訓練」「出向」の3つです。各項目の定義については厚生労働省のホームページをご確認ください。

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて

3まとめ

今回は主に起業する際に役立つ助成金・補助金をご紹介しました。補助金については、都道府県で実施しているものなどもまだまだあります。また、助成金や補助金の給付内容は変更になったり、支給チャンスが1回限りのものがあったり、公募期間が短い場合などもありますので、こまめに関係省庁や団体・機関のホームページをチェックしください!毎年設定されている補助金などは、募集要項や内容を事前に確認して、早めに準備することをおすすめします。

お知らせ

徹底分析!起業したら活用すべき助成金と補助金のすべて