会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!

会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

会社を設立する際には、事務所を準備する必要があります。定款にも本社所在地は必ず記載しなければなりません。よく耳にする「賃貸オフィス」以外にも「レンタルオフィス」や「バーチャルオフィス」といったものがあります。

それぞれの違いやメリット・デメリットをご紹介します。

 1.賃貸オフィスとは

賃貸契約を結び、自社のオフィスを確保するオフィス形態です。ビルのワンフロアなど自社で独占できるオフィスの事ですね。

賃貸オフィスのメリット・デメリット、賃料以外にかかる費用には以下のようなものが考えられます。

会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!  会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!

2.レンタルオフィスとは

オフィスの内装や家具、電話、インターネット環境など仕事をするために必要な設備がすでに完備されている貸事務所のことを言います。

賃貸オフィスに比べて低予算で借りることが出来るようですが、サービス内容や場所によっては、賃貸オフィスを借りたほうが安上がりの場合もあるようなので、レンタルオフィスを検討する際にはしっかり調査が必要です。

レンタルオフィスのメリット・デメリットは以下のようなものがあります。

会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!

ちなみに、レンタルオフィスの場合は、敷金や礼金がかからない場合が多いですが、「入会金」や「年会費」がかかる場合があります。保証金は賃料の3ヶ月分が相場のようです。施設単位で金額を設定しているところが多いようです。

3.バーチャルオフィスとは

その名の通り、業務スペースを構えず、事業を始めるにために最低限必要な住所や電話番号、FAX番号などの基本的な情報などを借りることができるサービスです。会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!

まとめ

近年では賃貸オフィス以外にも様々な形態のオフィスがあります。上記でご紹介した3つのオフィス形態以外にも、作業場所そのものを共同で使用する「シェアオフィス」などもあるようです。起業を考えている業種にあわせて最適なオフィスを選んでください。特にBtoBでの起業をご検討されている場合など、取引先への印象なども踏まえて検討する必要があるかと思います。

 

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 金利優遇を受けられる可能性あり
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能


NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

会社設立!賃貸オフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!!