創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

個人事業主が融資を受ける場合、創業する前でも融資を受けられます。融資を受けられたら起業する!という選択もありでしょう。では、創業前に日本政策金融公庫から1,000万円をどうしたら借りられるのでしょうか?

1.創業前に1,000万円借りる方法

(1)何に使うかを明確にしよう

日本政策金融公庫(以下『公庫』と呼びます)から創業する際にお金を借りる場合、必ず作成しなければならない資料が創業計画書になります。

創業計画書テンプレート(PDF/日本政策金融公庫HP)

創業計画書には記載すべき内容が大きくわけて8つあります。その中の7番目に「必要な資金と調達方法」という項目があります。

この項目では事業を始めるにあたり「運転資金」と「設備資金」がいくらかかり、そのための資金のいくら分を公庫から借りたいのかということを記載します。

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

左側の「必要な資金」と右側の「調達の方法」の合計値は同じ金額である必要があります。設備資金と運転資金の合計が1,200万円で、自己資金が200万円(公庫以外の借入なし)の場合には公庫からの借入が1,000万円となります。

そして、「設備資金」や「運転資金」は記入した金額が必要である根拠を提示しなければなりません。

例えば、設備資金欄に、店舗内外装費800万円と記載した場合には、その見積書を提出する必要があります。運転資金の場合には、人件費や仕入れなどが該当するため、人件費がどれくらい、仕入れがどれくらいという内訳を見せられるようにしておく方が良いでしょう。

この資料を作成し、使い道を明確にできるのであれば、1,000万円を借りることも可能です。 使い道はないけどなんとなく1,000万円借りたいというのは、創業時は不可能だと考えてください。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

(2)使い道がわかりやすい業種はお金を借りやすい

飲食店、美容院、整骨院など、店舗を構えて営業する事業の場合、何にいくら必要なのかがわかりやすいため、公庫でも多くのお金が借りやすいです。

開業前に日本政策金融公庫から1,000万円を借りるポイント【飲食店編】

開業前に1,200万円を借りた成功事例【整骨院編】

2.1,000万円借りたいのであれば、少なくとも自己資金200万円を用意しよう!

自己資金とは、ご自身で貯めたお金と、ご両親から頂いたお金も自己資金に含まれます。 ご自身で貯めたお金とご両親から頂いたお金の合わせて200万円は最低でも用意してください。自己資金200万円で1,000万円借りられたケースもありますが、借りられる金額が下がる可能性があるため、可能であれば、200万円より少しでも多くの自己資金を用意しておきましょう。

融資を受けるための、自己資金とは?

3.しっかりと事業計画を立てる

1,000万円借りるためには、しっかりとした事業計画が必要になります。

その事業計画で公庫は将来性を判断しますので、将来性があるビジネスモデルであることをアピールすることが大切になります。 融資を受ける際に、公庫が用意したテンプレートに入力して提出しますが、それだけだと、全てを伝えられないケースがありますので、補足資料を別途添付すると良いでしょう。

4.借入額を増やしたい場合には、融資の専門家に依頼した方がよい?

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、創業時に利用できるのは、

・新創業融資制度

・中小企業経営力

の上記の制度となります。

日本政策金融公庫のサイトでは、新創業融資制度のMAXは3,000万円。中小企業経営力のMAXは7,200万円と記載があるため、どちらの制度でも1,000万円であれば借りられるように見えますが、新創業融資制度を利用した場合の支店の決裁権は1,000万円

中小企業経営力を利用した場合の支店決裁権は2,000万円

中小企業経営力を利用した方が、支店決裁権が高くなります。

中小企業経営力を利用するためには、認定支援機関を経由しなければなりません。

認定支援機関の中でも、資金調達のプロに依頼することが、高額融資成功のポイントと言えます。

中小企業経営力については、以下のサイトでご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

中小企業経営力強化資金のご紹介!

まとめ

創業前に1,000万円を借りることは、簡単ではありませんが、しっかり準備させれば意外と簡単に借りられるものです。1,000万円以上を借りたい場合には、早めに準備することをオススメします。

【関連記事】

創業計画書の数字に説得力がないと、融資が通らない?

知られていない創業時にかかる費用と会計業務!!

事業計画書の作成方法とは?【中小企業経営力強化資金制度とは?】

最速3週間で日本政策金融公庫から創業時に融資を受ける方法とは?

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法