創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

個人事業主が融資を受ける場合、創業する前でも融資を受けられます。融資を受けられたら起業する!という選択もありでしょう。では、創業前に日本政策金融公庫から1,000万円をどうしたら借りられるのでしょうか? 

 

1.創業前に1,000万円借りる方法

(1)何に使うかを明確にしよう

日本政策金融公庫(以下『公庫』と呼びます)から創業する際にお金を借りる場合、必ず作成しなければならない資料が創業計画書になります。

創業計画書テンプレートPDF

上記の内容を記載する際に、『設備資金』『運転資金』の内訳を記載しなければなりません。

創業計画書

この資料は、左列と右列の合計を同じ金額にして作成しなければなりませんので、例えば自己資金200万円、公庫からの借入1,000万円で資料を作成するのであれば、『設備資金』『運転資金』の合計額を1,200万円にしなければなりません。

 

例えば、設備資金欄に、店舗内外装費800万円と記載した場合には、その見積書を提出する必要があります。 設備資金に該当するものには、業者の見積書が必要で、運転資金には、見積書はいりません。

この資料を作成し、使い道を明確にできるのであれば、1,000万円を借りることも可能です。 使い道はないけどなんとなく1,000万円借りたいというのは、創業時は不可能だと考えてください。

(2)使い道がわかりやすい業種はお金を借りやすい

飲食店、美容院、整骨院など、店舗を構えて営業する事業の場合、何にいくら必要なのかがわかりやすいため、公庫でも多くのお金が借りやすいです。

2.1,000万円借りたいのであれば、少なくとも自己資金200万円を用意しよう

自己資金とは、ご自身で貯めたお金と、ご両親から頂いたお金も自己資金に含まれます。 ご自身で貯めたお金とご両親から頂いたお金の合わせて200万円は最低でも用意してください。自己資金200万円で1,000万円借りられたケースもありますが、借りられる金額が下がる可能性があるため、可能であれば、200万円より少しでも多くの自己資金を用意しておきましょう。

3.しっかりと事業計画を立てる

1,000万円借りるためには、しっかりとした事業計画が必要になります。

その事業計画で公庫は将来性を判断しますので、将来性があるビジネスモデルであることをアピールすることが大切になります。 融資を受ける際に、公庫が用意したテンプレートに入力して提出しますが、それだけだと、全てを伝えられないケースがありますので、補足資料を別途添付すると良いでしょう。

まとめ

創業前に1,000万円を借りることは、簡単ではありませんが、しっかり準備させれば意外と簡単に借りられるものです。1,000万円以上を借りたい場合には、早めに準備することをオススメします。

お知らせ

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法