創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫でお金を借りる場合、返済期間は何年なのか?と疑問を持ったことはないでしょうか?

今回は、日本政策金融公庫で融資を受けた際の返済期間について、ご紹介していきます。

1、返済期間は、5年以上?

日本政策金融公庫で、創業時に融資を受ける場合には、返済期間は、5年以上となります。

運転資金は、5年~7年

設備資金は、5年~10年

基本的には、上記で返済期間を選ぶことになります。

そのため、一時的にお金を借りて、すぐに返済します!という返済の組み方もできなくはないようですが、一時的な借入に使うケースは多くはないようです。

2、返済期間は、選べるの?

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、返済期間を選ぶことができます。

設備資金と運転資金で、選ぶことができる返済期間が異なります。

(1)設備資金の返済期間

設備資金の返済期間は、基本的に5年以上10年以下

(2)運転資金の返済期間

運転資金の返済期間は、基本的に5年以上7年以内

3、設備資金や運転資金には、どのようなものが入るの?

ここでは、どのようなコストが設備資金や運転資金になるのかをご紹介していきます。

(1)設備資金に該当するものとは?

美容室を例に、設備資金の例をご紹介していきます。

・店舗内装代

・店舗外装代

・椅子

・シャンプー台

・備品

・保証金

・車

など

上記が、設備資金となります。

基本的に、会計上資産計上するものを、設備投資に計上するとお考えください。

《ポイント》

店舗を取得費のうち、保証金のみが、設備資金の内訳に計上することができます。

(2)運転資金に該当するものとは?

・仕入れ

・広告宣伝費

・人件費

・地代家賃

など

運転資金の合計金額は、月の予定売上の3ヶ月分程度が理想と言われております。

4、少しでも毎月の返済金額を少なくする方法とは?

返済期間は、設備資金が最長10年、運転資金が最長7年となりますので、金額の振り分けが可能なのであれば、設備資金に多く振り分け、10年返済にすることで、毎月の返済金額を低く設定することができます。

5、せっかくなら、金利を安く融資を受けましょう!

創業してから、7年以内の方であれば、中小企業経営力強化資金という制度を利用することができます。

この制度を利用することで、金利が優遇されるケースがあります。

中小企業経営力強化資金制度の詳細は、

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

まとめ

日本政策金融公庫は、短期的な融資よりも長期的な融資に強いです。

返済期間は、基本的に、5年以上になるということを覚えておきましょう!

※例外として、返済期間を短くしてほしい!と交渉されることもありますので、その点はご注意ください。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?