自己資金ゼロから融資を受けるためにやるべきこととは?

自己資金ゼロから融資を受けるためにやるべきこととは?

自己資金がないけど、お金を借りたい!とお考えの方もいらっしゃるでしょう。今回の記事では、自己資金がないところからお金を借りるための方法をご紹介します。

0.いつお金を借りるかで、方法が違う?

自己資金がない中で、お金を借りる場合に、以下のような2つの状況が想定されます。

1.創業までに少し時間がある方2.創業予定までの時間がない方

前者と後者では融資を受けるための方法が少しことなりますので、それぞれ説明していきます。

1.創業するまでに半年から1年ある場合

1.創業までに少し時間がある方

現在、自己資金はゼロ。 しかし、創業するまでに少し時間がある場合には、融資を受けるまでに準備をすることができます。

融資を受けるために少しでも有利になるように創業するまでの時間を大切にして生活する必要があります。 創業するまでに、何をすればお金を借りられるのかをご紹介致します。

(1)創業するまでに1円でも多くお金を貯める

少しでも多く貯金

自己資金ゼロの状況で融資を受ける方法も、下記2でご紹介致しますが、やはり、自己資金は1円でも多く用意した方が融資を受けられる可能性は高まります。

そのため、少しの期間で少しでも多くのお金を貯めてください。創業することが、目標になるのですから、目標を達成するために、頑張らなくてはいけません。

豆知識 なぜ自己資金があった方が融資は受けやすいのか?

事業をスタートさせる際に、しっかり計画を立ててスタートする方のほうが倒産する可能性は低いです。

しっかり計画したかどうかの判断基準に利用されるのが、自己資金です。

自己資金が多ければ多いほどしっかり準備したと判断されるため、融資を受けやすいです。

(2)自己資金を貯めるために何をすればよいか?

①休みを返上して働く

休み返上で働く

日本政策金融公庫(以下、『公庫』と呼びます。)で融資を受けるためには、半年間の通帳を必ず見られます。

まずは、半年間で、空いている時間を割いてお金を稼いでください。

土日休みであれば、土日でバイトをすれば、月にプラス5万円程度稼ぐことができると思います。半年あれば、これだけで30万円貯められます。

②生活を切り詰めて無駄遣いをやめましょう。

無駄遣いを減らす

無駄使いをやめて、月に1万円から3万円程度の出費を削減しましょう。

③親に支援してもらう

ご両親の協力を得る

自己資金は、ご自身又は配偶者の方の通帳で増やした方がよいです。

そのため、創業する少し前に、生活費をご両親に支援してもらい、そのお金で生活しましょう。給料には、あまり手をつけないほうがよいでしょう。

④配偶者の方がいれば、配偶者の方にも少し多めに働いてもらう

配偶者の協力を得る

創業することは、そのビジネスで儲けたお金で家族が生活することになります。

融資を受けることができなければ、創業できないのであれば、融資を受けるまでの間だけ、配偶者の方にお願いして協力してお金を貯めるべきでしょう。

(3)自己資金を貯められたら融資を受けられるのか?

自己資金の目安

例えば、創業するまでに半年あるとします。

その半年で、50万円から100万円を貯めることができれば、融資を受けられる確率は上がります。

融資を受けられる確率をあげたいという方は、なんとか頑張って自己資金を貯めてください。

2.創業するまでに時間がない方

2.創業予定までの時間がない方

自己資金なしで融資を受ける場合、少しでもお金を貯めた方が、融資の確率があがりますが、もし自己資金がなく、時間がないのであれば、以下の方法を取ることで融資を受けられる可能性があります。

※注意点 自己資金ゼロの場合には、準備不足だ!ということで融資の審査が厳しくなりますので、ご注意ください。

自己資金ゼロの場合の対策

(1)友人に事業に参加してもらう

友人と一緒に創業するという形にすることで、その友人のお金を自己資金にすることができます。

(2)家族、親族に事業に参加してもらう

家族、親族と一緒に創業するという形にすることで、その友人のお金を自己資金にすることができます。

(3)担保を設定する

公庫で、創業融資を受ける場合、無担保、無保証人の制度を利用して、融資を受けることができるのですが、あえて、担保を設定することで融資を受けやすくすることができます。

土地や建物を保有しているのであれば、担保に設定することも検討してみましょう。

※注意点 住宅ローンを組んで不動産を購入している場合には、その不動産を担保にすることができないことがありますので、不動産ならどんなものでも担保にできると思わないようにしてください。

自己資金ゼロの注意点

3.自己資金がない方が絶対にやってはいけないこととは?

(1)見せ金には注意

見せ金イメージ

自己資金がない方がよくやる事例としては、誰かに一時的にお金を借りて、そのお金を自己資金としようとする方がおります。

いわゆる見せ金ですが、金融機関もそのような事例は複数あります。変な嘘は通用しないと考えておくべきでしょう。

見せ金は通用しません

(2)タンス預金には注意

500円貯金などをして、30万円程度貯めたというのであれば、まだ公庫も信用してくれるかもしれませんが、通帳にお金がない方が、タンス預金100万円あります!といっても公庫は絶対に信用しません。

誰かに手渡しでお金を借りたんでしょ!と判断されます。そのため、タンス預金を自己資金として融資を受けようと考えるのはやめましょう。

貯金は通帳に

4.一度面談に落ちた方は、その金融機関で融資を受けにくくなる!

公庫では、1度面談で落ちた方のデータは残ってしまいます。

半年以上期間が経過していれば制度上再チャレンジできますが、一度落ちると公庫から融資を受けにくくなると考えておきましょう。

融資の再チャレンジは難しい

まとめ

自己資金がなくても融資を受けられるケースもありますが、やはり、少しでも多くのお金を貯めてから融資を受けたほうが融資を受けられる確率はあがるため、可能な限りお金を貯めることをオススメします。

下記の記事は、ぜひご確認頂きたい記事なので、ご参照ください。

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

お知らせ

自己資金ゼロから融資を受けるためにやるべきこととは?