経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

会社・事業を経営する立場である皆さんは、経営革新計画を作成したことはありますか?

恐らく『経営革新計画の存在はなんとなく知っているけど、何だか面倒くさそうだ』と思い経営革新計画の作成をしていない方がいると思います。ですがそれは、少し勿体ないことをしているかもしれません!

経営革新計画を作成することによって、実は様々なメリットを受けやすくなるのです。今回は経営革新計画によって受けやすくなる補助金について解説していきます。

1.経営革新計画って?

経営革新計画とは、中小企業が新事業である以下のようなこと

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)

に取り組み、経営向上を図ることを目標に立てる中期的な計画書のことです。

これを作成・知事の承認を得ると、税や融資の優遇・補助金などの様々な支援を受けることができます。

また経営革新計画書を作成することによって今後の経営の将来像が明確になり、より企業の活性化に繋がることもあります。

 

2.解説前に…補助金・助成金の違いとは

経営革新計画によって受けられる補助金について説明する前に、補助金とそっくりなものと思われている助成金との違いについて説明します。助成金と補助金、何が違うのかというと、基本的に

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)

とされています。

補助金は助成金と比べ、受けられる定員の数が限られています。つまり補助金は、「私達が行う事業は、社会に役に立ちます!」とよりアピールができなければ受け取ることができない資金と言えます。

その点も踏まえて、補助金も受けたいかどうかを検討しましょう。

 

3.経営革新計画によって受けやすくなる補助金はどんなものがあるか

経営革新計画が承認された企業は、各都道府県での補助金が受けやすくなります。様々な補助金制度がありますが、国(中小企業庁)からの主な補助金としては以下のものがあります。

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)

他にも、各都道府県・事業が行う産業によって補助金が違ってきます。

例えば静岡県では、経営革新計画の承認を受けた企業の新商品開発・販路開拓・生産性向上の取組に対して補助金を与える「経営革新補助金」。

また広島県府中市では、経営革新計画の承認を得た企業に対して、設備投資にかかる費用の一部の補助金を与える「府中市中小企業設備投資促進事業補助金」というものがあります。

各都道府県・市町村などでも、経営革新計画の承認を受けた企業に対して補助金などの様々な支援に取り組んでいます。県・市のホームページ・商工会議所のホームページで自分の事業に合いそうな補助金を確認してみましょう。

 

まとめ

経営革新計画の承認によって、補助金が受けやすくなるという等の様々なメリットがあります。また、経営革新計画の作成によって、改めて自身の企業・事業について見つめなおすこともできる機会も得られます。

経営革新計画の作成についてどうしたらよいか困った場合は、お近くの中小企業支援センターや認定支援機関に相談してみましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)