経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

新事業や新サービスの提供を開始する際に経営革新計画を作成することで、中小企業新事業活動促進法に基づき様々な事業サポートを受けることが可能になります。

しかし、経営革新計画を作成するだけで得られるサポートはありません。

作成した経営革新計画が国や都道府県の審査に通り承認を受けることで、補助金や助成金採択時の審査点や補助率増加の基準になるケースがあります。

経営革新計画とは

経営革新計画とは、中小企業が新事業に取り組み、経営向上を図ることを目標に立てる中長期的な計画書のことです。

経営革新計画の対象は、下記のような事業です。

1新しい商品の開発や生産
2新しいサービスの開発や提供
3商品の新たな生産または販売の方式の導入
4役務の新たな提供の方式の導入
5その他の新たな事業活動のどれか

 

上記の内容に取り組み、経営向上を図ることを目標に立てる中長期的な計画書のことです。

経営革新計画を作成し、知事の承認を得ると、税や融資の優遇や補助金、助成金などの様々な支援を受けることができます。

経営革新計画の承認を受けるには、今までの事業とは明確に違う事業計画であり、他社との差別化ができる根拠の具体的記載が必要です。

また、事業計画の目標として、中小企業庁が定めた目標数値の要件を満たす必要があります。

作成した計画終了時における目標数値の要件

事業計画の実施期間 【付加価値額】又は【一人当たりの付加価値額】の伸び率【経常利益】の伸び率
3年計画9%以上3%以上
4年計画12%以上4%以上
5年計画15%以上5%以上

 

※付加価値額の計算式

付加価値額=営業利益人件費+減価償却費

※一人当たりの付加価値額の計算式

一人当たりの付加価値額=付加価値額÷従業員数

補助金・助成金の違い

経営革新計画によって受けられる補助金について説明する前に、補助金と助成金の違いについて説明します。

助成金補助金
国・地方公共団体に申請し、条件を満たしていれば高確率で受けることができる資金事業の実施サポートの為に当たられる資金。国・地方公共団体に申請しても、審査に通過しなければ受けることができない資金

助成金は、受給条件を満たすことで資金を受け取ることができますが、補助金は条件を満たした上で申請をして審査を通過する必要があります。

また、補助金を受給するための審査に通るためには

  • 実施する事業が社会的に必要な事業内容であることをアピールする
  • 実施する事業に必要な資金額を証明する書類を整備する

などのポイントをクリアしなければなりません。

申請する補助金の種類によって申請の時期や必要な種類が異なるので、各地方自治体のwebサイトで事前にチェックしておくようにしましょう。

経営革新計画によって受けやすくなる補助金制度

中小企業が新事業や新役務を開始する際に経営革新計画を作成し、事業の目標や課題、対策を明確にすることで、経営の向上を見込むことが可能になります。

また、経営向上のために作成した経営革新計画を国や都道府県に承認してもらうことで、達成する可能性が高い事業の計画であると判断されるため、利用しやすくなる補助金制度があります。

ものづくり補助金

作成した経営革新計画が国や都道府県から承認されることで受けやすくなる補助金制度

の中でも、国からの主な補助金としてものづくり補助金があります。

ものづくり補助金は、中小企業や小規模事業者などが、生産性の向上や地域経済の活性化を目指すための革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うために必要な設備投資資金などを支援する制度です。

ものづくり補助金では、国や都道府県からの承認を受けた経営革新計画を作成していることで、審査の加点対象となります。

中小経営者の強い味方「ものづくり補助金」に必要な「認定支援機関確認書」を入手するには?

ものづくり補助金の詳しい申請内容などについては上記の記事でご確認ください。

都道府県が運営する補助金制度

作成した経営革新計画が国や都道府県から承認されると、ものづくり補助金だけでなく、各都道府県が実施している補助金の制度を利用できるケースがあります。

都道府県別で実施されている経営革新計画の承認によって利用できる補助金制度をいくつかご紹介します。

都道府県制度名主な応募要件
静岡県経営革新補助金
  • 経営革新計画の承認を受けた事業
  • 経営革新計画に記載され、かつ経営革新計画の起案内に実施される事業
  • 前回の募集で採択を受けた事業者でないこと
長野県中小企業経営革新支援対策費補助金中小企業経営革新計画新支援法に基づき、都道府県から経営革新計画の承認を受け、経営革新のための新事業を実施する中小企業・組合などが下記の補助対象となる事業を実施すること。

  1. 新事業同行等調査
  2. 新商品又は新技術開発
  3. 販路開拓
  4. 人材育成
青森県青森県指導経営革新支援事業費補助金指導経営革新計画を作成し、県からの承認を得た中長期業事業者または組合であること
福岡県福岡県中小企業経営革新商品化補助金福岡県から次のいずれかにおいて経営革新計画の承認を受けた事業を実施する中小企業であること

  • 新サービスの開発または提供
  • 商品の新たな生産または販売方式の導入
  • サービスの新しい提供方法の導入

 

上記以外の都道府県でも、作成した経営革新計画の承認を受けることで利用できる補助金制度を実施している場合があります。

ご自身の事業を実施する都道府県で利用できる補助金があるか、都道府県のHPをチェックしてみましょう。

経営革新計画承認までの流れ

作成した経営革新計画を国や都道府県から承認してもらうための手順と申請要件を確認しておきましょう。

1申請対象・要件を確認
2申請書作成・提出書類準備
3申請書提出・内容の確認
4申請書修正・再提出
5申請書完成
6審査会
7審査結果の通知

①申請対象・要件を確認

経営革新計画の申請をする前に、事業規模や実施する新事業の内容が要件を満たしているかを確認しておきましょう。

不明点は、各都道府県の窓口にお問い合わせください。

②申請書作成・提出書類準備

  • 経営革新計画に係る承認申請書
  • 直近二期分の確定申告書類一式
  • 商業登記簿謄本
  • 定款
  • 住民票(個人の場合)

上記の提出書類を作成して準備します。

③申請書提出・内容の確認

これまで実施していた事業と、これから開始する新事業の内容について、各都道府県の窓口で実施されます。

1~2時間で終了しますが、事前に窓口に電話をして予約しておく必要があります。

また、事業内容などについての説明が必要なので、役員の方が窓口に行くようにしてください。

申請書の提出は毎月20日頃までが締切りになっていますが、申請書提出後に内容の修正などが必要になるケースが多いので、可能な限り月の初めに提出した方が良いでしょう。

④申請書修正・再提出

提出した申請書に不備がある場合や、作成した計画の内容が曖昧である場合は修正をして再提出します。

修正や記入漏れの追記などが書類を提出した月に完了しない場合、翌月の審査対象外になってしまうので注意が必要です。

⑤申請書完成

月末までに申請書を完成させてください。

月末までに完成した申請書の内容が次の月の審査会での審査対象になります。

月末までに申請書が完成しない場合、経営革新計画の承認審査が翌々月以降になってしまいます。

⑥審査会

書類による審査が、申請書類を提出した翌月の20日頃に実施されます。

作成した経営革新計画が承認されるかどうかは、作成した計画が中小企業等経営強化法の要件を満たしているかどうかで判断され、計画自体の事業内容によって判断されることはありません。

⑦審査結果の通知

審査会での審査が終了すると、申請書類を提出した月の翌々月初旬まで審査結果が書面で届きます。

承認・不承認・保留のいずれかの結果が通知され、保留となった場合は申請した書類の内容に不備があることや記入漏れがあり修正や追記が必要になります。

保留となった場合は申請書類を修正して再提出をし、翌月再審査を受けることで承認を得ることが可能になります。

国や都道府県から作成した経営革新計画の承認を得るためには、いくつかの申請要件を満たしている必要があります。

東京都で申請する場合の企業の要件は下記のURLでご確認ください。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/19kisaiyouryou.pdf

また、経営革新計画を作成して承認を得るまでの流れは下記の記事でご確認ください。

新事業開始!経営革新計画を作成して事業資金の支援を受けよう

経営革新計画の作成に困ったら専門家に相談しましょう

経営革新計画を作成し、国や都道府県の承認を得ることでこれから開始する新事業などの改善点や課題を明確にすることで、より事業の成功率が向上します。

また、経営革新計画の承認を得ることで利用することが可能になる補助金などもあり、事業の資金調達のためにも役に立つでしょう。

しかし、国や都道府県から承認を受けるための経営革新計画をどのように作成してよいか分からない、申請のタイミングがわからない、という場合はどうすれば良いのでしょうか?

ご自身で作成した経営革新計画を提出した場合、計画や申請書類に不備、記入漏れがあると承認を受けることができません。

書類を修正して再提出した場合であっても、経営革新計画の承認を受けるための審査会は月に1回しか開催されないため、承認を受けるために時間がかかってしまうでしょう。

経営革新計画を作成してスムーズに承認を受けるために、専門家に依頼することをオススメします。

税理士や弁護士、金融機関などで、国からの認定を受けた専門家である認定支援機関に依頼することで、経営革新計画の作成から申請までのサポートをしてくれるため、よりスムーズに経営革新計画の承認を受けることが可能になるでしょう。

まずはお近くの認定支援機関に連絡して相談してみることをオススメします。

全国の経営改善支援センター等一覧

まとめ

経営革新計画の承認によって、補助金が受けやすくなるという等の様々なメリットがあります。

また、経営革新計画の作成によって、改めて自身の企業・事業について見つめなおす機会を得ることもできます。

経営革新計画の作成にちゅいてどうしたらよいか困った場合は、お近くの中小企業支援センターや認定支援機関に相談してみましょう。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

経営革新計画の承認によって得られるメリット(補助金編)