会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

会社設立の際の手続きを自分ですべて行うか、専門家に依頼するかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、依頼するとしても誰にお願いすることがベストなのか悩みますよね。

実は、設立しようとお考えの業種や業態によって依頼すべき専門家が異なります。今回の記事では、専門家である士業の方々の業務の範囲や報酬相場などについてまとめてご紹介します。

1.会社設立の手続きを自分で行う場合

会社設立に関する手続きはご自身で行うことも可能です。

会社設立に関する手続きを自分で行った場合のメリット・デメリットをご紹介しておきます。

会社設立の手順やご自身で行う場合の詳細については以下の記事に詳しく記載しています。参考にしてください。

企業を考えている方必見!会社設立までの流れを徹底解析!!

専門家に頼まず自分で登記申請(会社設立)を手続きする場合の流れをご紹介!

(1)自分で行うメリット

メリットはコストを抑えることが出来るという点になりますが、専門家に支払う報酬が無い程度と理解してください。

(2)自分で行うデメリット

時間がかかる!の一言です。会社設立の手続きは意外とやることが多いです。

そして、会社を設立するということは設立の手続きだけをやれば良いというわけではありません。時は金なりということわざがあるように、時間がかかるというのはそれだけで

大きなデメリットと言えます。

成功している経営者は、専門分野は、専門家に任せる!と考えている方が多いので、すべてを自分でやろう!と思わない方がよいのではないでしょうか。

(3)必ずかかる費用

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

株式会社と合同会社の違いについては下記をご確認ください。

株式会社と合同会社の違いとは?

【電子定款認証の方が安く済むは本当?】

上記図で記載したように、電子定款認証の場合には収入印紙代がかかりません。

電子で行うと、印紙税40,000万円が削減できるのです。

ただし、誰にも頼まず、自分で定款認証を行う場合には、電子で行うことができません。

単純に考えると、電子定款にしたほうが40,000円分費用を抑えることができると思いますよで?

しかし、実際にはそうとも言い切れません。

なぜなら、電子定款を作成するにはPDFの編集ソフトや、電子情報を読み込むための機材が必要となります。

これらの機材を全て揃えると4万円以上かかる可能性があります。

2.会社設立の手続きを専門家に依頼する場合

専門家に依頼する場合、どこをポイントにして依頼するかということが重要になります。専門家の中にも「出来ること」と「出来ないこと」があるのです。

まずは下記の図をご確認ください。

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

上記を踏まえて、それぞれの専門家に依頼した場合の報酬相場等を確認したいと思います。

(1)行政書士に依頼した場合

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

許認可が必要な業種を設立する場合には、設立に必要な書類の作成と許認可の代行を行ってもらうことが出来ます。(建設業、運送業、飲食業などの業種が許認可を必要とします。)

許認可が必要な業種の場合には行政書士にお願いすれば、許認可がおりないことや、必要ない許認可をとってしまうことなどがなくなります。自動車の手続きや外国人の手続きなども行政書士の業務となります。

設立登記の手続きは行えないので、設立登記に関してはご自身で行うか、司法書士に依頼する必要があります。

(2)司法書士に依頼した場合

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

司法書士は唯一、法人登記手続きを行うことが出来ます。

許認可申請の必要がない場合には、会社設立に必要な書類作成から登記手続きまですべてをお願いする事が出来ますので、

報酬額と自分の忙しさなどを天秤にかけたうえで、会社設立のみを頼むであれば司法書士にお願いするのが一番いいと思います。

(3)税理士

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

税理士には税務関係の届出作成や提出の代行が主になります。登記手続きや定款作成などは行ってもらえませんので、ご自身で行うか司法書士に依頼する必要があります。

会社設立後の税務に関するサポートなどについて相談したいという場合には税理士がオススメです。

 

ちなみに、社会保険労務士は会社設立時に必要となる社会保険や雇用保険などに関する手続きの代行を行ってもらえます。

そのような業務を依頼したいという場合には社会保険労務士に依頼しましょう。また、社会保険労務士さんは、助成金などについても専門家なので助成金申請についての相談も受け付けてくれます。

助成金などについては下記サイトをご参照ください。

助成金ドットコム

*上記で記載した相場はあくまで相場です。事務所によって金額は異なりますのでご依頼する事務所にご確認ください。

3.会社設立を頼む専門家の結論!

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

会社設立のみで考えた場合、登記手続きまで完了できるのは司法書士だけとなりますので、依頼するのであれば司法書士がベストとなります。

許認可届けを含む会社設立手続き全般の場合には、行政書士+司法書士、

設立後の税務業務を依頼したいという場合には、税理士+司法書士というようにお願いする専門家が分かれます。

事務所によっては行政書士、司法書士、税理士、社労士がいるというケースもあり総合的にお願いすることも可能です。

多くの士業は、提携士業がいるため、一か所で依頼すれば、すべてをまとめてやってもらえることが多いです。

報酬はかかりますが、会社を設立するためには様々な手続きが必要となりますので、基本的には専門家にお願いすることをオススメします。

お知らせ

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?