創業計画書の動機の良い例・悪い例

創業計画書の動機の良い例・悪い例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業計画書とは、これから始める事業について内容や利益見込みなどについて書かれた一枚の書類です。金融機関から事業資金の融資を初めて受ける際には、創業計画書を提出しなければいけません。

創業計画書の書式はインターネットからダウンロードできますが、書式の一つ目の項目には事業を始める「動機」の欄となっています。

今回の記事では、創業計画書の動機の部分ついて具体的な良い例と悪い例を解説したいと思います。

1.創業計画書の動機~融資担当者はどこをチェックしているのか?

創業計画書の動機の良い例・悪い例

動機を聞く理由はただ1つ。事業主が大変なことがあっても事業を継続できるほどの動機を持つかという点に尽きます。なぜかと言うと、金融機関としては貸したお金は必ず返してほしいものだからです。事業を始める動機がいい加減なものであれば、必然的に、その事業も成功しないと融資担当者が考えるのは当然です。

起業は自由で魅力的に見えますが、その反面、会社員とは違う大変なことがたくさん待ち受けています。動機がしっかりしていれば、困難なことも事業者はクリアできることでしょう。

考えてみると、就職の際にも面接では志望動機を必ず聞かれます。あなたが本当にその企業に魅力を感じていれば、ウソで塗り固めなくても、志望の目的やその企業へ感じている魅力を自然にスラスラと答えられるはずです。

※創業計画書のダウンロードはこちらからどうぞ!

※上記URLをクリックすると、事業融資でおなじみの日本政策金融公庫の公式ページへリンクします

2.創業計画書の動機の良い例

①【過去の職歴を存分に生かしている】和食の板前からラーメン屋へ創業の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「東京銀座の割烹料理店で8年、その後に赤坂のホテルでの和食レストラン副料理長として7年、合計15年和食業界で経験を積んできました。私は食べることも大好きで、板前として腕を振るいつつ、プライベートではラーメン屋の食べ歩きを頻繁にしています。その中で、3年ほど前から和食の技術を使った高級志向のラーメン屋をやりたいという希望が出てまいりました。自己資金が目標額に到達しましたので、起業を決意いたしました。」

過去に15年の和食の経験を積み、その後ラーメン屋へと転換することで起業する方の志望動機です。通常、和食からラーメンという異なるジャンルでの起業なので、評価としてはマイナスなのでは?と思われるかもしれません。しかし、フレンチや和食などの手が込んだ創作料理からその他の飲食店への転換というのはむしろ消費者としては喜ばしい要素が多いのです。

「元フレンチのシェフが作るラーメン屋」「元和食料理の板前が作る家庭料理」など、あなたも自分へのキャッチフレーズを考えてアピールしていきましょう。

②【現在進行形の環境からの動機】元エンジニアの子育てママの創業の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「元々、企業のIT事業部にて10年間エンジニアとして主に機関ネットワークの開発を担当してまいりました。出産・育児に専念するため退職しましたが、子育てを通じて現代のママが抱える不満や悩みを解決したいという思いを強く持ちました。私はWEBページとスマホアプリを製作できますが飲食店については未経験ですので、地域の元飲食店経営者のママ友に協力してもらい、こどもがほっとできる「ほっとカフェ」を起業しようと決意しました。」

子育てをきっかけに起業しているママも増えています。元々アパレルで働いていた、美容師だった、エンジニアだった、など手に職にあるママであれば、その経験を子育てフィルターに通せば、新しい事業が生まれることでしょう。この動機の場合、利益や将来性については疑問を感じてしまう部分もありますので、「しっかりと準備して利益も出ます」という点は創業計画書のその他の項目(取引先・取引関係や事業の見通し)でアピールしましょう。

③【趣味と経験を活かした動機】高校教師からサッカー教室の運営を創業の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「小学校から大学まで、勉強以外の時間はほとんどサッカーをしていた子供時代でした。新卒で高等学校の教員として採用され、現在勤めている高校でもサッカー部の顧問を担当しています。部活以外にもボランティアで運営しているサッカー教室を持っていますが、問合せや生徒希望のリクエストが近年非常に多い状況です。サッカー教室の運営に集中するため、この度起業を決意致しました。」

本人に十分なサッカーの経験とサッカーを教える経験があるが、事業としてはまだ始めていないケースの創業動機です。何かの教室を開いていて、人数が増えてきたので、融資で資金を増やして事業拡大したい、という動機は、金融機関から見れば安定した事業に見えますので好意的に取られることでしょう。

但し、この例の場合は事業として始めるにあたり月会費いくらで何名の生徒が確保されているのかといった点や、現在所属している高校から生徒を引っ張ってこられるのか、といった点もその他の項目(取引先・取引関係や事業の見通し)でアピールしましょう。

3.創業計画書の動機の悪い例

①【いきあたりばったり感がにじみ出ている】ネット物販で起業したい20代の男性の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「ネットが好きでいつもスマホでネットを見ています。ヤフオク!でもいつも商品を販売し、これまで1,000件以上の取引をしています。もっと商品の幅を広げるため、手元資金がないため、融資を受けることを思いつきました。絶対に返済しますので、お願いします。」

ヤフオク!やメルカリでネット物販をしているので、融資を受けたいというお問合せも最近非常に多いです。事業としてきちんと利益が出ている証拠を提示できていれば別ですが、趣味の延長や副業とみられる動機では融資の審査では落とされてしまいます。

②【始める事業の経験がない】アパレル販売を始めたい30代女性の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「飲食店で10年ほど働いてきましたが、30代になり、好きなことで起業したいと思うようになりました。私の趣味はファッションで、オシャレな服を選ぶのが得意です。近所で良い物件があり人通りも多いので、20~30代女性向けの洋服と小物のお店を開きたいと思います。」

今までしてきた職務経歴が生かせない事業も、残念ながら融資を受ける対象として見てくれません。この方の場合、飲食店での経験はあるわけですから、もし店長になったことがあるのであれば店舗運営の経験があるとアピールすることが可能です。足りない分は自己資金を十分に用意している(500万円ほど)とアピールし、洋服に関わる色彩検定などの資格もあればアピールしていきましょう。

③【会社がイヤだから起業する】在宅でプログラマーとして起業したい40代男性の場合

創業計画書の動機の良い例・悪い例

「大卒から大手企業で8年間プログラマーとして働いてきました。残業が多く、8年の間に体調を崩すことがしばしばありました。40代になり体力的にきつくなってきたので、起業してより健康的な生活をしたいと思うようになりました。」

この方の場合、プログラマーとしての経験ンは十分にありますので、書き方次第では融資に通る可能性が一番あります。しかし、体調を壊したという部分を動機に入れてしまうと、お金を貸す融資担当者としては不安になってしまいます。在宅の事業がうまくいかなかった場合も、体調のせいにするのではないかと。

3.添付書類もつけて、具体的で利益がでると思わせよう

上記で見ていただいたように、創業計画書の動機の部分はたった4行しかありませんので、練らずに書けば行数が足りなくなります。しかし、不要な部分(それ・こちら・同じ意味の言葉が何度もある部分)をそぎ落とし、本当に必要な部分だけに絞る推敲することでコンパクトにまとまります。

また、あなたの経験や受賞歴や顧客数がわかる書類があれば、添付しましょう。審査の上でプラス評価となります。

まとめ

創業計画書は面談と違い、言葉や文章を練ることができます。今回ご紹介した例はあくまで一例ですが、せっかく融資を受けられそうなご経歴なのに、文章の書き方で大きく損をしてしまうのはもったいないことです。

創業計画書は当サイトのような認定支援機関(経済産業省に認可された税理士など)に依頼すれば、手数料はいただきますが、代わりに作成いたします。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 金利優遇を受けられる可能性あり
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能


NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

創業計画書の動機の良い例・悪い例