創業するために、あなたはどうやって資金を集めますか?

創業するために、あなたはどうやって資金を集めますか?

創業するため必要なお金を全額ご自身で貯める方もおりますが、なかなかすべてをご自身で貯めるのは難しいでしょう。

今回の記事では、創業するために必要な事業資金の集め方をご紹介致します。

1.創業するために必要な事業資金の集め方とは?

(1)ご自身で仕事をしてお金を貯める

自己資金の目安

なんとか自己資金100万円を貯めると、金融機関などから資金を調達しやすいので、まずは100万円を貯めること目標にしましょう。

(2)ご家族からお金をもらう又は借りる

創業する場合には、ご両親や、祖父、祖母がお金を出資してくれるケースもあります。

ご両親の協力

(3)日本政策金融公庫から融資を受ける

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫(以下、『公庫』と呼びます)から融資を受ける方法があります。(1)で自己資金100万円を貯めている方は、300万円から500万円であれば、借りられる可能性が高いでしょう。更に、自己資金にプラスして、ご両親からお金を支援してもらっている場合には、更に公庫から融資を受けられる可能性が固くなります。

(4)信用金庫や信用組合から融資を受ける

信用組合や信用金庫の借りやすさ(比較)

公庫以外の金融機関は、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などがありますが、都市銀行や地方銀行は、税務申告2回以上行っていることが要件のことが多いため、融資をしてもらえる可能性が低いです。そのため、信用金庫や、信用組合に融資の申し込みをすると良いでしょう。 ※信用金庫や信用組合よりも公庫から借りた方が、早く、かつ、利息が安く借りられるケースが多いです。

(5)友人、知り合いにお金を借りる

個人事業を行う場合には、軌道に乗るまでお金を借りるケースもまれにあります。会社の場合、出資してもらうと、その方が株主となります。そのため、利益が出れば、株主に還元しなければなりせん。

2.やってはいけないお金の集め方

カードローンや、フリーローン、クレジット現金化、サラ金、ヤミ金など、とにかく利息が高いところから借りては行けません。

もし高い金利のところから借りなければ事業を行うことが出来ないのであれば、とりあえず事業をスタートするのを遅らせて、自己資金を貯めて、公庫や、信用金庫、信用組合から融資を受けられるように準備しましょう。

まとめ

お金の集め方はいろいろありますが、大事なのは、自己資金を少しでも多くためて、公庫から融資を受けることです。ご家族が協力してくれると融資の成功率も高まりますので、協力してもらえるとありがたいですね。

関連記事

開業前に融資を受けるためのチェックリスト

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

お知らせ

創業するために、あなたはどうやって資金を集めますか?